格安店と大衆店と高級店

 

ソープランドやヘルスは格安店、大衆店、高級店に分類されることがあります。

 

これらにはそれぞれ特徴があり、特徴を理解した上で自分がどのようなお店を選ぶのか決めるのが良いでしょう。

 

格安店、大衆店、高級店はその名の通り、価格からこのように呼び分けられているのです。

 

これらはプレイ内容は変わらないことが多いです。

 

どれも同じプレイ内容ではありながら、なぜ価格が異なるのでしょうか。

 

これはお店の設備や内装、女の子のルックス、女の子の管理に掛けている料金の違いだと言われています。

 

高級店では高級な内装に従業員の教育も行き届いていることが多いです。

 

そして同じプレイではあってもそのテクニックは全く異なるとも言われています。

 

高級店の場合は講習もしっかりしていますが、格安店では入店したその日から説明なく仕事を任されることが多いためです。

 

もちろん女の子次第ではあることですが、プレイの全体の質が異なると言われています。

 

女の子のルックスも高級店の方が基本的に優れていると言われています。

 

高級店は面接に訪れた10人中1人採用するかしないか、もちろん性格も関係していますが厳しいチェックが行われているのです。

 

格安店では10人中9人は採用すると言われています。

 

もちろん、格安店にもかわいい子はいますし、高級店にもそれほど可愛いわけではない子もいます。

 

しかしその割合はやはり、格安店と高級店では変わってくるのですね。

 

風俗で働くと性病へ感染する可能性は一般の方より高くなります。

 

高級店ではしっかりとチェックしている検査も格安店では行っていないこともあります。

 

しかしながら、格安店にメリットがないわけではないのです。

 

格安店は安くプレイすることも出来ますし、短い時間のプレイも可能なのです。

 

ですからお気に入りのお店さえ見つかればコストパフォーマンス良くプレイすることが出来るのです。

 

高級店には60分コースが無いことが多いため、90分コースでそれぞれの料金を比較してみましょう。

 

格安店の場合は、2万円程度が相場です。
大衆店は3万円程度で、高級店の場合は、8万円程度であると言われています。

 

もちろんそれ以上に安い店もあるでしょうし、高いお店もあります。

 

平均的な相場価格としてこのように差があると言うことなのです。

 

高級店に1回遊びに行くお金で、格安店なら3回は遊びに行くことが出来るのですね。

 

大衆店は格安店と高級店の中間で一番店舗数も多いと言われています。